インプラント治療を行う際の注意点

インプラント治療の注意点を知ろう

治療を始める前に行うこととは?

もし抜歯などで歯を失った場合は、それを支えている歯根も失ってしまいます。永久歯は抜けてしまったら一生生えて来ないので、人工で作られた歯をつけるしかありません。そこで歯根がない時に行われるのが「インプラント治療」です。インプラント治療とは、歯を失ったところに人工の歯根(インプラント)を埋め込む治療法のことです。

従来では「ブリッジ」と呼ばれる治療法で、両隣の歯を大きく削って人工の歯をかぶせては健康な歯を犠牲にしてましたが、インプラント治療の場合は独立した歯を生えている状態にしているため、残っている健康な歯への負担をかけることはありません。
また噛むという行為は、歯とあごに想像以上に強い力を与えています。ブリッジだと削られた歯が痛みやすくこの歯がよくない状態に陥ると、さらに広い範囲のブリッジを作り直さなければなりませんでした。しかしインプラント治療だと、自然の歯と同じように刺激を伝えることができ、さらには歯根を通じて力をかけていることから、骨の変形が少なくなるのも判明しています。

そのためか最近ではインプラント治療を希望する患者様が増えてきており、その間にインプラント治療の技術は進化を続けており、歯科治療では歯を失った時の効果的な治療法となっています。そして将来はできるだけ多くの歯を残したい方にインプラント治療を勧めているようですが、それと同時に注意するべき点もあります。このサイトで確認しておき、インプラント治療を始めましょう。