インプラント治療を行う際の注意点

インプラント治療の注意点を知ろう

インプラント治療とは?従来のブリッジと何が違う?

最初はカウンセリングから

インプラント治療を始める前に、「カウンセリング」でインプラント治療についての流れを知っておく必要があります。
まずはどのような手術内容となるのかをあらかじめ知っておく必要があります。さらに患者の状態に関する説明と、インプラント治療の成功率や治療で発生するリスクやデメリットの話も聞いておくようにしましょう。ちなみにインプラントだけでなく、患者の希望に合わせた治療法も選択できるようです。

カウンセリング時間は患者によって異なりますが、目安として1時間ぐらいと考えたほうがいいかもしれません。さらに手術に関して少しでも疑問がある時には、必ず質問をしましょう。手術を始める前から不安を生み出して、トラブルになる可能性があります。

術前検査とその結果

インプラント治療について十分理解したのと同時に、手術を行う意思が固まったら、次は術前検査に入ります。
この検査はすべての患者が受ける必要があります。何故ならインプラントは顎の骨に埋め込むので、もし検査なしで行えば、神経や血管を傷つける恐れがあるため、リスクには慎重に向きあわないといけません。

そして検査結果が出たら、その結果をもとに治療計画を進めていきます。外科手術なので不安を一つづつきちんと取り除いてから、治療に挑みましょう。
しかし検査結果が悪いと、インプラントをすぐに埋め込むことができない場合もあります。たとえばインプラントを埋め込みたい場所に歯周病があると、治療が難しくなります。まずは病気の治療や症状の改善から始めましょう。


この記事をシェアする