インプラント治療を行う際の注意点

インプラント治療の注意点を知ろう

インプラント治療のメリットとは?

インプラントの義歯の良いところ

まずは手術に関して。局所麻酔下をされるため術中まったく痛みがなく、術後は数日間腫れることもあります。さらに術後これまでのように発音を出しにくいと感じますが、これもたった数日で慣れるようです。

さらに見た目の良い人工歯を装着できるのが特徴で、自然歯とほとんど見分けがつきません。そのためか歯科医師以外の人は、これをインプラントと気づくことはないのです。
またブリッジとは違いインプラントは、骨の中に埋め込んでいるので自然歯のような噛み心地や機能が回復します。もちろん自分の歯のように外見を気にすることなく、おいしいものを食べたり、自身を持って話したり、笑ったりできるのです。
まるで以前お世話になった歯と同じ役割を今後も果たしてくれるでしょう。

咀嚼(そしゃく)能力に優れている

もし歯を失って咀嚼による刺激が骨に伝わらなくなると、骨が少しずつ痩せてしまいます。しかしインプラント治療を行えば、骨が痩せるのを防ぐだけでなく、歯根も取り戻すこともできます。
また部分入れ歯や総入れ歯の場合は、咀嚼能力に劣っており自分の歯に比べて噛む力が弱くなっているため食べ物を噛みにくいです。さらに熱いものも気軽に食べれず、食事に苦労する人も多いです。ですがインプラント入れ歯と違い、自分の歯と同じぐらいに噛む力まで回復でき、自分の歯と同じ感覚で噛めます。

さらにインプラントの歯になってもブラッシングをかけることは大切です。普段からのお手入れやメンテナンスを行っていれば、インプラントを長く機能し続けることができるでしょう。


この記事をシェアする